who-is-targeting-you-header.png

重要な脅威に優先的に対応

セキュリティ・チームは、大量のセキュリティ・アラートへの対処で疲弊しています。現時点で最も重要な脅威に集中的に対応することによって、組織を保護しましょう。組織を狙う攻撃者を知ることによって、攻撃者が狙うセキュリティ・ギャップに予防的に対処することができます。

攻撃者の手口を前もって把握する

Threat Intelligenceがあれば、お客様組織と似た組織に対して頻繁に使用されているTTP(Tactics、Techniques、Procedures)がわかります。そのため、攻撃に対して予防的に対処することができます。

20万時間超

Mandiantがサイバー攻撃に対応している時間は、年間20万時間を超えます。現場での豊富な経験が、Mandiantの脅威インテリジェンスの源です。

2,800を超える攻撃グループ

Mandiantで常時追跡している攻撃者や攻撃グループは、2,800以上あります。

オペレーション

Mandiant Advantageプラットフォームで得られる脅威インテリジェンスを利用することで、対応が簡素化します。

cyber-threat-research-center

組織にとって警戒すべき脅威に対する可視性を得る

Cyber Threat Intelligenceリソース・センター
MandiantのCyber Threat Intelligenceリソース・センターをご活用ください。最新の脅威についての知見や、お客様組織を狙う攻撃者に対する具体的な予防対策がわかります。

proactive-protection-and-hardening

脅威インテリジェンスを活用する

ホワイトペーパー:破壊的攻撃から保護するための予防的準備とセキュリティ強化
組織の環境内での破壊的攻撃から組織を守るための実践的かつスケーラブルな手法を学ぶことで、広範なセキュリティ・インシデントに対する予防的な脅威インテリジェンスの活用方法を理解できます。

solidifying-cyber-readiness

BPのイアン・トンプソン(Ian Thompson)氏による、サイバー攻撃への準備態勢の強化についての事例

脅威インテリジェンスに関する、攻撃の最前線での対話
脅威インテリジェンスは、革新的な攻撃者や進化するTTPから組織を予防的に保護するためには欠くことのできない要素です。BPのセキュリティ・チームは、脅威インテリジェンスを活用することにより、防御力の向上に必要な可視性を得て、グローバル規模で準備態勢を強化しました。その実例をご覧ください。

IDC logo

クリス・キッセル(Chris Kissell)氏、IDCリサーチ・ディレクター

「多くのベンダーが、自分たちはトップレベルの脅威インテリジェンスを有していると言います。しかしながら、その重点はほとんどの場合、インプットに置かれています。Mandiant Advantageは、従来の方法とは異なります。Mandiantは、専門知識に裏付けられた製品とサービスを組み合わせることにより、結果の有効性をベンダーに依存しない視点で顧客に提供します。この組み合わせが、他社との大きな違いを生み出しています」

組織を狙っている攻撃者は?

は、最新かつ関連性の高いサイバー脅威インテリジェンスを提供する、SaaSベースのソリューションです。これにより、組織を狙う可能性の高い攻撃者とその使用ツールに基づいて、防御態勢を構築することができます。