Hero

セキュリティ体制の刷新

技術的能力と運用能力を活性化

 

man looking at two monitors

防御側のメリット

効果的なセキュリティ体制を構築し、適切に連携することにより、防御側のメリットを活かしましょう。これにより、組織は不正な活動を特定し、侵害の検知と対応を行い、アクティブな脅威に対するセキュリティ対策機能やオペレーションの有効性を検証することができます。

迅速な対応

Unify

セキュリティの自動化とマイクロサービスを導入し、侵害を特定して迅速に対応

オペレーションの合理化

Shield

現実世界の経験とベスト・プラクティスの適用に基づいて、効果的なプロセスと手順を開発

信頼性の獲得

Automate

セキュリティ対策とオペレーションの診断を行い、アクティブな脅威に対する有効性を検証

セキュリティ体制の活性化

脅威ハンティング・プログラムの開発

脅威インテリジェンス、専門知識、テクノロジー、プロセスを組み入れた、成熟したハンティング機能を形成することにより、再現性のある計測可能な予防的脅威ハンティングを実行

インシデント対応計画のサイバー攻撃机上演習

現実に即した技術的演習と経営幹部向け演習を行うことで、既存のインシデント対応計画をさまざまな脅威シナリオでテスト

指標の設計

運用効率の向上と経営幹部からの信頼の獲得にとって重要なセキュリティ指標を特定して測定

 

セキュリティ対策運用サポート・サービス

実践的なサポートにより、セキュリティの重要な変更を導入し、機能の対応体制についてのベスト・プラクティスを適用できます。

インシデント対応計画の開発

組織に固有のビジネス・ニーズやさまざまな侵害シナリオをカバーする、インシデント対応計画を構築

ユースケース/プレイブックの開発

優先順位の高いユースケースと、組織全体にわたる一貫した運用のために、セキュリティ・プレイブックを作成して最適化

ご質問はこちらから