person on laptop
Mandiant Advantage

Attack Surface Management

Mandiant Advantage Attack Surface Managementモジュールは、今日の分散型および共有型のダイナミックな環境全体にわたって、インターネット・アセットの検出と解析を行います。検出されたアセットがリスクにさらされていないかを継続的に監視し、インテリジェンス・チームとレッドチームに情報を提供して、リスク管理を運用します。

 


セキュリティ・プログラムを事後的な対応から予防的な対応へ

Attack Surface Managementは、エンタープライズ・レベルでの包括的な可視性を提供します。このモジュールは、グラフを利用したマッピングでアセットの状況を明らかにし、リスクに対するアラートを上げることで、セキュリティ・チームがスピーディかつ俊敏にインテリジェンスを運用できるようにします。

Attack Surface Management

常に変化し、分散する環境でリスクと対峙する要求の厳しいITチームと
セキュリティ・チームをサポート

クラウド時代以前に設計された攻撃対象領域ツールは、固定的な業務環境と、ネットワーク・ファイアウォール内で作動する限られたデバイスやアプリケーションを前提としています。Attack Surface Managementには次のような利点があります。

環境のマッピング

グラフベースのマッピングで包括的な可視性を実現

多数のインテグレーションや手法を活用して、アセットとクラウド・リソースを検出します。パートナーやサードパーティの関係を特定します。実際の攻撃におけるアセットの編成、テクノロジー、コンフィグレーションを把握します。

アセットの監視

アセットの変化を把握し、脅威に先んじた対策が可能

リアルタイムでインフラを監視することにより、変化やリスクを検知します。クラウド導入やデジタル・トランスフォーメーションのためのセーフティ・ネットを構築します。

リスクの管理

セキュリティ運用を強化し、実際に起きている脅威を緩和

Mandiantの経験、知見、インテリジェンスを、攻撃対象領域に自動的に適用します。これにより、リスクにさらされている箇所を把握することができます。

Mandiantの特長

Mandiant Attack Surface Managementが選ばれる理由

30

以上のアセット・タイプ分類

エコシステム全体にわたるアセットの広範な可視性

1万

以上もの脆弱性を
カバー

アクティブな脅威や設定ミスによる脆弱性を検知

250

以上もの連携

データ・ソースと検知手法とのインテグレーション

攻撃対象領域を管理することの重要性とともに、その困難さも増しています

攻撃経路の管理は今や、企業にとって最優先に対応しなければならない事項になっています。従業員が地理的に分散し、クラウド、SaaS、モバイルの導入が急速に進んだことにより、増え続ける高度な脅威にさらされる攻撃経路が拡大、進化、変化しているからです。

多くの場所にコードが分散

クラウド、SaaS、コンテナ、マイクロサービスの爆発的な増加は、アプリケーションの数や導入場所が増加していることを意味します。そして、そのそれぞれが、異なるセキュリティ要件と脆弱性を抱えています。

多数のデバイス、限られた時間

従業員は日々の業務にモバイル・デバイスを利用しています。組織はIoTデバイスやセンサーを導入して、データの収集ややり取りを行っています。

多様化するワークスタイル

企業は業務のリモート化を進めており、従業員はコミュニケーションやコラボレーションのための新たなツールを利用するようになっています。こうしたツールは、セキュリティの甘い公共ネットワークを経由して使用されることがあります。

従業員が業務のやり方を変えてしまう

業務環境のガバナンスが不十分だと、従業員がクラウド、SaaS、モバイル機器、データストレージといった要素を導入してしまう可能性があります。

 

Attack Surface Managementで
セキュリティを強化して
イノベーションを加速

包括的なアセット・ディスカバリーとリスク回避によって、イノベーションをスピードアップさせる新たなテクノロジーやプロセスを安全に導入できるようにします。防御態勢を強化し、組織の競争力を高めることができます。

 

 

 

  • オフィスとリモートのハイブリッドワークのサポート

  • 環境に合わせたスケーリング

  • クラウド・コンピューティングとシャドーITの管理

 

 

 

  • ワークフローへのガバナンスの組み込み

  • レジリエントなサプライ・チェーンの構築

  • 組織外へのセキュリティ・ポリシーの適用拡大

今すぐ始めましょう

今すべきことは、組織のセキュリティ・プログラムにAttack Surface Managementを導入することです。
今すぐ無料でご登録ください。Mandiant Attack Surface Managementにアクセスするためのログイン情報をお送りします。  

ステップ1:Attack Surface Managementに登録

Attack Surface Managementには無料版と有料版があります。登録の際は、いくつかの情報を入力していただく必要があります。

ステップ2:アカウントの作成またはログイン

登録が完了すると、承認メールが届き、Attack Surface Managementの無料版にアクセスできるようになります。 すでにMandiant Advantageのアカウントをお持ちの場合は、新たにアカウントの作成や再登録をする必要はありません。

ステップ3:アプリ・スイッチャーでAttack Surface Managementを選択

Mandiant Advantageプラットフォームに入り、「アプリ・スイッチャー」をクリックします。Attack Surface Managementを選択して利用を開始してください。

icon
Webセミナー

攻撃者の目から己を知る: 〜アタック・サーフェス・マネージメントが必要とされる背景とMandiantの提供する価値〜

開催日:3月23日(水) 13:00〜13:40 

アタック・サーフェス・マネージメントが必要とされる背景と現状を考察するとともに、Mandiant Advantage Attack Surface Managementモジュールが解決できる課題と、具体的なユースケースについてご紹介します。

その他のMandiant Advantageモジュール

Threat Intelligence

Threat Intelligence

組織を標的にしているとMandiantが把握している脅威について理解します。

Security Validation

Security Validation

組織のセキュリティ対策機能の有効性を継続的にテストして把握します。

Automated Defense

Automated Defense

Mandiantの専門知識を自動化することにより、組織のセキュリティ運用がより効果的かつ効率的になります。

ご質問はこちらから  

Mandiantのエキスパートがお答えします。