Press Release

Mandiant、デジタル・リスク・プロテクション ソリューションにより 脆弱性に対する広範な可視性を提供し、 新たな脅威に対するプロアクティブな防御を実現

Jun 06, 2022
1 min read

執拗なサイバー攻撃からデジタルアセット、サプライチェーン、ブランドを守るための取り組みを継続的に支援する新しいインテリジェンス主導型のソリューション

2022622 - Mandiant, Inc.(本社:米国ヴァージニア州レストン、日本法人:東京都千代田区、カントリーマネージャー:内山 純一郎)は、新たなソリューションとして「デジタル・リスク・プロテクション」を発表しました。これは、マルチベンダー対応のXDRプラットフォーム「Mandiant Advantage」を活用し、組織のグローバルな外部攻撃対象領域とディープWebおよびダークWeb上のビジネス脅威をインテリジェンス主導型の包括的なアプローチで把握することを可能にするものです。Mandiantが提供する複数の製品から構成される同ソリューションは、組織のセキュリティ対策をよりプロアクティブなアプローチへと進化させ、脅威を未然に防ぐことによって、サイバー攻撃による業務への影響を抑制できるよう設計されています。さらにMandiantは、本ソリューションの発表に合わせて、デジタル・リスク・プロテクションの重要な要素となる「Digital Threat Monitoring」が、Mandiant Advantageプラットフォームで提供される新しいモジュールとしてリリースされたことを発表しました。

Mandiantデジタル・リスク・プロテクション ソリューション

公的機関、または民間のいずれかを問わず、多くの組織にとって、サイバー攻撃者の不正な活動やリスクにさらされた外部公開アセットを可視化することは、非常に困難な課題です。また、仮にこれらが適切に把握されていたとしても、セキュリティ・アラートを効果的に管理、監視、調査するための適切なリソースと人材がなければ、組織はサイバー攻撃に対して脆弱なままとなりかねません。

Mandiantのデジタル・リスク・プロテクション ソリューションは、リスクの高い攻撃ベクター、ディープWebやダークWeb上の悪意のある活動、オープンWeb上で実行される攻撃など、組織ネットワークの外的要素を可視化するものです。Mandiant Advantage Digital Threat MonitoringMandiant Advantage Attack Surface ManagementMandiant Advantage Threat Intelligenceで構成されるMandiantのデジタル・リスク・プロテクションは、スタンドアロン、セルフマネージドソリューション、包括的なプロフェッショナルサービスのいずれの利用形態から柔軟に選択することができます。

Mandiantのデジタル・リスク・プロテクション ソリューションが提供する主な価値は次の通りです。

  • ダークWebの監視と攻撃対象領域の可視化:攻撃対象領域のマッピングとディープWebおよびダークWebの監視により、脆弱性を特定し、企業やサプライチェーンに影響を与えるリスク要因を継続的に把握することができます。
  • 脅威の分析とリスクの特定:攻撃者がどの組織を狙っているのか、何を狙っているのか、何が目的なのか(金銭的利益、スパイ活動など)、どのように攻撃を計画しているのかを理解し、プロアクティブな対策へとシフトすることにより攻撃の未然防止を支援します。
  • 脅威インテリジェンスによる優先順位付け:Mandiantが最前線で得た専門の経験、知見、そして詳細な分析から得られた脅威インテリジェンスを活用することで、防御策やセキュリティ投資の優先順位を付けることができます。

Mandiant Advantage Digital Threat Monitoring

Mandiant Advantageの新しいモジュールであるDigital Threat Monitoringは、ディープWebやダークWeb、ブログ、アンダーグラウンドマーケット、ソーシャルメディア、ペーストサイトなどのインターネットを継続的に監視し、自社のブランド、経営幹部、テクノロジーリソース、サプライヤーやパートナーに関するサイト上での情報交換を検知できるように設計されています。これにより、ユーザーには差し迫った攻撃や既存の未検出データまたは機密情報の漏洩に関する脅威が早期に通知され、迅速な対応と修復が可能になります。

Digital Threat Monitoringは、Mandiantの脅威インテリジェンスをもとに、デジタル・リスク・プロテクションソリューションの重要な要素となっています。 また、Mandiantのほとんどの製品と同様に、Digital Threat Monitoringはスタンドアロン製品およびマネージドサービスの両方として提供されるため、組織の規模やセキュリティ成熟度に関わらず、脅威に先んじた対応ができるようになります。 

Mandiantの最高製品責任者であるChris Keyは、次のように述べています。「組織内部の攻撃対象領域を可視化するだけではもはや十分ではありません。巧妙化するサイバー攻撃に対抗するために、企業は外部の攻撃対象領域も把握する必要があります。Digital Threat MonitoringMandiantのデジタル・リスク・プロテクション ソリューションにより、お客様はMandiantが最前線で得た経験、知見、およびインテリジェンスを活用し、そこから得られる洞察を迅速かつ容易にセキュリティ対策へと反映させることができるようになります。そして、それによって攻撃リスクを軽減し、常に脅威の一歩先を行くこができます。」

デジタル・リスク・プロテクション ソリューションの発表に合わせて、MandiantThreat Intelligence Security OperationsDigital Threat MonitoringAttack Surface Managementをパッケージングし、期間限定での特別ディスカウントの適用も発表しました。

参考資料

Mandiant(マンディアント)について   

2004年以来、Mandiant®は、サイバーセキュリティに真摯に取り組む企業・組織のパートナーとして、その信頼を築いてきました。真に効果的なセキュリティは、専門の経験、知見、インテリジェンス、そしてお客様の環境や要件に応じて適用可能なアダプティブな技術との組み合わせによって実現されます。SaaS型プラットフォームであるMandiant Advantageは、数十年にわたる最前線での経験と知見、および業界をリードする脅威インテリジェンスを軸に、ダイナミックなサイバー防御ソリューションを提供するものです。Mandiantは、企業・組織がより効果的、かつ効率的なサイバーセキュリティプログラムを構築・実装することを支援し、サイバー脅威からの防御と対応への準備に自信を提供します。   

【報道関係の方からのお問い合せ先】 

マンディアント広報事務局 (ホフマンジャパン株式会社内)   担当: 小嶋 / 右京 / 小倉 
Email: [email protected]   

© 2022 Mandiant, Inc.のすべての権利を保有しています。Mandiantは、米国およびその他の国におけるMandiant, Inc.の登録商標です。その他すべてのブランド、製品、サービス名は、それぞれの所有者の商標またはサービスマークであるか、またはその可能性があります。