2022年以降のサイバー・セキュリティに関する14の予測

インシデント対応の最前線という独自の立場と比類のないレベル の脅威インテリジェンスに
基づく「Mandiantセキュリティ動向予測2022」では、テクノロ ジーの影響、就業場所の
トレンド、法規制の変更など、そして大きなサイバー攻撃の予兆とな る攻撃者の振る舞いに
ついて取り上げています。

「Mandiantセキュリティ動向予測2022」レポートを無料で入手して、以下についての洞察をご覧ください変化し続ける脅威に立ち向かう

 

•      世界のランサムウェアと多重脅迫についての最新情報

•     「Big 4」の国家支援を受けた攻撃者が引き続きサイバー・セキュリティの状況にもたらす影響 

•     攻撃者による不正なオペレーションのアウトソーシングの増加と状況の悪化

•     クラウド・テクノロジーへの移行を進める中で組織が直面する課題 

レポートにアクセス

 

セキュリティ動向予測2022の洞察

コロナ禍後という状況を考慮すると、インシデント対応の作業をリモートで行うことはこれまでになく重要になっています。今後は世界的に、仕事を行う場がバーチャルへと移行する可能性が高いと思われます。物理的に同じ空間にいなくても、お互いにコラボレーションするための方法を見つけていく必要があります。

チャールズ・カーマカル(Charles Carmakal)、シニア・ヴァイス・プレジデント兼最高テクノロジー責任者、Mandiant

Mandiantの専門家の予測を聞く

Mandiantのシニア・アナリストのアンドリュー・コプシエンスキー(Andrew Kopcienski)が、2022年Mandiantセキュリティ動向予測レポートの調査結果について、最新のWebセミナーで詳しく解説します。今後12か月間、組織が対応を迫られる最大のサイバー脅威について知ることができますできます。(※英語)

参加登録